gototopgototop

小型水槽で楽しむマリンアクアリウム

海水魚飼育小型水槽 
【レグラスR400海水魚飼育5点セット】
水槽サイズ:W400×D260×H300 ガラス製(総水量約30L)
フィルター:海道河童フィルター大(プロテインスキマー内臓)
照明器具:エコスポットフリー36(LED)
備品:水温計、ヒーター

販売価格 12.800円(税別)

 

小型水槽でおすすめの海水魚たち

 パターン① 写真左下/カクレクマノミ(ペア) 写真右下/フタイロカエルウオ(1匹)
 カクレクマノミヒトスジギンポ
 パターン②: 写真左下/フレームエンゼルフィッシュ(1匹) 写真右下/コガネキュウセン(2匹)
 フレームエンゼルフィッシュコガネキュウセン 

 

水槽セット以外に必要となるもの/別途お買い求めください。

 人工海水・・・・・テトラマリンソルト10L×5袋入り
 比重計・・・・・プチメーター
 底砂・・・・・カリブシーアラガライブ4.5kg
 レイアウト素材・・・・・ライブロック、サンゴ岩、飾りサンゴ、フジツボなど
 飼料・・・・・デルマリンフードSM

 

海水魚の飼育方法

 【水槽の設置】
 水槽は直射日光の当たらない、メンテナンスのしやすい場所に設置しましょう。
 海水魚は、水槽の設置後1週間経ってから入れましょう。
 水槽周辺に付いた塩ダレは拭き取りましょう。

 【海水魚の飼育方法】
 適正水温は、通年25℃±1℃です。冬場はヒーター、夏場は冷却ファンが必要です。

 照明の点灯時間は、1日8時間が目安です。(タイマーを取り付けると便利です。)
 飼育海水の比重を、1.020から1.023に合わせましょう。蒸発により、比重が濃くなりすぎた場合は、カルキを抜いた
 真水を足してください。但し、急激な比重変化を避けるために、ゆっくりと時間をおいてから行ってください。

 給餌は、1日に2回、数分で食べ尽くす量を与えてください。

 【メンテナンスについて】
 1週間に一度、水槽ガラス面に付着したコケを丁寧に取り除きましょう。
 2週間に一度、10L程度の海水交換を行いましょう。

 【海水魚の病気について】
 海水魚の一番かかりやすい病気が、魚の体表に白い点々が付着する白点病です。
 早期発見が大事です。発見次第、治療薬(ヒコサンZ・キュプラミン)を添加しましょう。
 ◆ヒコサンZ・・・・・メチエンブルー系の治療薬です。予防薬としてもご使用いただける万能薬。
 ◆キュプラミン・・・・・特効薬の銅イオンですが、ライブロックやエビ、サンゴが入っている水槽ではご使用できません。

 
【海道河童フィルターについて】 必ず取扱説明書を読んでからご使用ください。
 循環ポンプの水流量は、お好みに応じて調整してください。
 プロテインスキマーの通気量は、オーバースキミングしないように調整してください。
 1週間に一度は、ゴミ受けカップの清掃を行ってください。
 ろ過カートリッジは、1ヶ月を目安に交換してください。ウッドストーンは、3ヵ月を目安に交換してください。

 ※飼養相談は、お気軽にお問い合わせください。